クルーズ情報

マリーナマリーナ【コペンハーゲン発ストックホルム着】皇帝と華麗な人々 クルーズ 11日間

コース概要

出発日
2020年8月29日(土)
旅行日数
11日間
代金
USD 3,199.00~~USD 8,499.00
出航地
コペンハーゲン(デンマーク) 
帰港地
ストックホルム(スウェーデン) 
日本人コーディネーター
なし
  • ヴァルネミュンデ/ベルリン(ドイツ)

    ヴァルネミュンデ/ベルリン(ドイツ)

  • レネ/ボーンホルム島(デンマーク)

    レネ/ボーンホルム島(デンマーク)

  • グディニャ/グダニスク(ポーランド)

    グディニャ/グダニスク(ポーランド)

世界で評価の高いオーシャニアクルーズの中型船「マリーナ」で味わう極上のクルーズ。
コペンハーゲンを出航した船は、ドイツのベルリン、ポーランドを経てバルトの国へ、リトアニア・エストニアを巡ります。その後、ロシア 第2の都市 サンクトペテルブルグへ。ここでは2日停泊し世界三大美術館の一つ、エルミタージュ美術館等、ゆったりと時間をかけてお楽しみいただけます。

オーシャニアクルーズ「マリーナ」で本物のクルーズ体験を味わってみませんか?

本コースのオトク情報

OLife Choice
お客様のお好みに合わせてカスタマイズしたバケーション体験をお届けするOLife Choiceで、さらに気ままな旅をお楽しみください。ご家族やご友人との連絡に便利なインターネットに加え、以下の充実したアメニティから一つをお選びいただけます。

《無料》寄港地観光6回
《無料》ドリンクパッケージ
《無料》US$600のシップボードクレジット

アメニティはステートルーム1室あたりとなります。
※当サービスは予告なく終了する場合がございます。

客船情報

106マリーナ【コペンハーゲン発ストックホルム着】皇帝と華麗な人々 クルーズ 11日間
デッキ
106マリーナ【コペンハーゲン発ストックホルム着】皇帝と華麗な人々 クルーズ 11日間
美食で定評のダイニング
106マリーナ【コペンハーゲン発ストックホルム着】皇帝と華麗な人々 クルーズ 11日間
レッド・ジンジャー
106マリーナ【コペンハーゲン発ストックホルム着】皇帝と華麗な人々 クルーズ 11日間
メインダイニング
106マリーナ【コペンハーゲン発ストックホルム着】皇帝と華麗な人々 クルーズ 11日間
ダイニング
106マリーナ【コペンハーゲン発ストックホルム着】皇帝と華麗な人々 クルーズ 11日間
レストラン / トスカーナ
106マリーナ【コペンハーゲン発ストックホルム着】皇帝と華麗な人々 クルーズ 11日間
レストラン / ジャック
106マリーナ【コペンハーゲン発ストックホルム着】皇帝と華麗な人々 クルーズ 11日間
スペシャリティコーヒー / バリスタ
106マリーナ【コペンハーゲン発ストックホルム着】皇帝と華麗な人々 クルーズ 11日間
G - インサイド ステートルーム
106マリーナ【コペンハーゲン発ストックホルム着】皇帝と華麗な人々 クルーズ 11日間
C - デラックス オーシャンビュー
106マリーナ【コペンハーゲン発ストックホルム着】皇帝と華麗な人々 クルーズ 11日間
B3 - ベランダ ステートルーム
106マリーナ【コペンハーゲン発ストックホルム着】皇帝と華麗な人々 クルーズ 11日間
PH2 - ペントハウス スイート

スペック

総トン数
66,084トン
全長
239m
全幅
32m
船籍
マーシャル諸島
就航
2011年
改装
-
乗客定員
1,250名
クルー数
800名
客船情報

マリーナは、オーシャニアクルーズが初めて建造した新造船です。バルコニーの床板には、チーク材を利用しているなど、クルーズファンの心をがっちりと掴む趣を持ったクルーズシップです。お好きなレストランをお好きな時間に楽しめるオープンシーティング制を採用。マリーナの船内にはバスタブ付きの客室も多く、日本人に嬉しい仕様となっています。正装は不要で、それぞれがおしゃれを楽しむコンセプトです。

スケジュール

日次 入港 出港
1 コペンハーゲン(デンマーク)  午後乗船 21:00
2 ヴァルネミュンデ/ベルリン(ドイツ)  6:00 23:00
3 レネ/ボーンホルム島(デンマーク)  9:00 18:00
4 グディニャ/グダニスク(ポーランド)  8:00 17:00
5 クライペダ(リトアニア)  7:00 16:00
6 タリン(エストニア)  10:00 19:00
7 サンクトペテルブルグ(ロシア)  8:00 停泊
8 サンクトペテルブルグ(ロシア)  停泊 停泊
9 サンクトペテルブルグ(ロシア)  停泊 18:00
10 ヘルシンキ(フィンランド)  8:00 17:00
11 ストックホルム(スウェーデン)  8:00

寄港地のご案内

コペンハーゲン(デンマーク)

コペンハーゲン(デンマーク)

ハンス・クリスチャン・アンデルセンの「人魚姫の像」はこの町のシンボルです。1843年創業の遊園地で、コースターやメリーゴーランドなどのアトラクションもある「チボリ公園」もお勧めです。歩行者天国の「ストロイエ」のブティックや「アマリエンボー宮殿」、旧港ニューハウン沿いのカフェやレストラン、500年の歴史ある切妻造りの建物などを、街歩きを頼むことのできる港町です。

ヴァルネミュンデ/ベルリン(ドイツ)

ヴァルネミュンデ/ベルリン(ドイツ)

19世紀よりスパリゾートして発展を遂げてきた街です。中心地は海岸沿いに延びる「アム・シュトローム」には、昔は船長や漁師の住居だった場所がカフェやショップとして観光客を迎えてくれます。寄港地観光では、近郊の都市にある、かわいらしい「シュウェリーン城」や、世界遺産に登録され、中世の面影を残す「リューベック」の旧市街地、「ホルステン門」などを訪れます。

レネ/ボーンホルム島(デンマーク)

レネ/ボーンホルム島(デンマーク)



街の大部分が第二次世界大戦後に再建されたレネは、新しい建物にも古い建築スタイルが反映されているため、今なお歴史を感じさせます。そのため、再建された地域から旧市街(ガラムスタン)へ足を延ばしても、その魅力的な佇まいに違和感はありません。14世紀に建てられた聖ニコライ教会や巨大な円形の塔のあるお城は、ボーンホルム島で最も有名な建物です。また、レネ南部の防衛博物館も魅力的です。この島の航海や自然史を詳しく知るにはボーンホルム博物館を訪れましょう。

グディニャ/グダニスク(ポーランド)

グディニャ/グダニスク(ポーランド)

10世紀末に誕生してから、ポメレリア、ドイツ騎士団、ポーランド、プロイセン、再びドイツと、さまざまな政権の支配を受け、激動の歴史をたどってきたグディニャ(=グダニスク)は、一大貿易都市として繁栄と衰退の両方を経験してきました。第二次世界大戦の攻防戦で大半が破壊され、ほぼ廃墟と化してしまった旧市街ですが、戦後、資料をもとにみごとに復元され、現在ではポーランドを代表する美しい街並みのひとつに数えられています。

クライペダ(リトアニア)

クライペダ(リトアニア)

ハンザ同盟都市として発展した、リトアニア 第3の都市クライペダ。
ロシア、スウェーデン、ドイツそれぞれに支配されていた歴史があります。1252年にリボニア騎士団が、軍事の拠点として建造した要塞が観られる城博物館や、ルネッサンスから現代風へといった時計の発展の歴史を楽しめる時計博物館が見どころ。全長98キロに渡ってバルト海とクルシュー・ラグーンを隔て細く湾曲した砂州「クルシュー砂州」は世界遺産に登録されています。

タリン(エストニア)

タリン(エストニア)

バルト三国の中で最も北に位置し、スカンジナビアの雰囲気の漂うエストニアの首都タリン。14世紀にはバルト海最大の交易港として栄え、旧市街には当時の繁栄を物語る建物が数多く残されています。中心の「トームペアの丘」の展望台からの景色は入り組んだ路地と美しい絵のような家並み、ハンザ同盟時代の繁栄が偲ばれます。

サンクトペテルブルグ(ロシア)

サンクトペテルブルグ(ロシア)

ペテルブルグ、ペトログラード、レニングラード、そしてサンクト・ペテルブルグと、移り変わった町の名前がその動乱の歴史を物語っています。町の中心部には動乱をくぐり抜けた18~19世紀のバロック様式の建物が多く残っています。エルミタージュ美術館はあまりにも有名ですが、郊外の帝政ロシア時代の栄光を伝える宮殿も一見です。

ヘルシンキ(フィンランド)

ヘルシンキ(フィンランド)

「バルト海の乙女」とも呼ばれるフィンランドの首都ヘルシンキは、歩いて見て回ることもできるコンパクトさが自慢です。アールヌーボースタイルの建築をいたるところにあり、飽きることがありません。世界遺産に登録され、「王の門」「スオメンリンナの大砲」などで有名な「スオメンリンナ要塞」のあるスオメンリンナ島へは、マーケット広場から、15分のフェリー旅で訪れることが出来ます。

ストックホルム(スウェーデン)

ストックホルム(スウェーデン)

ユネスコ世界遺産のドロットニングホルム宮殿、森の墓地といわれる「スコーグスシュルコゴーデン」が有名です。旧市街地「ガムラスタン」は石畳の雰囲気のある街並みで目を楽しませてくれます。街の運河にには美しい橋が多くかかっています。一方、ノルマルム地区は、とても現代的な雰囲気の街であり、未来的な高層ビルが立ち並んでいます。

クルーズ代金(2名様1室利用時お一人様あたり)

クルーズ代金(2名一室利用)

客室 パンフレット代金 キャンペーン料金
G - インサイド ステートルーム USD 5,099.00 USD 3,199.00~
C - デラックス オーシャンビュー USD 5,999.00 USD 4,099.00~
B3 - ベランダ ステートルーム USD 6,749.00 USD 4,849.00~
A3 - コンシェルジェ レベル ベランダ USD 7,099.00 USD 5,199.00~
PH2 - ペントハウス スイート USD 8,499.00 USD 6,599.00~

●カテゴリーを抜粋してご案内しております。詳細は、お問合せください。
●クルーズ料金は変動制です。現在の料金に関しては、お気軽にお問い合わせください。

租税、手数料及び港湾費用

租税、手数料および港湾費用等
クルーズ代金に含まれております。

※為替レート、船会社、現地等の事情により予告なしに変更になる場合がございます。予めご了承ください。

船内チップ(1泊あたり)

一般客室
USD16.00
ペントハウススイート客室以上
USD23.00

※船会社、現地等の事情により予告なしに変更になる場合がございます。予めご了承ください。

取消料

条件 取消料
14泊以内クルーズ(一般客室~ペントハウススイート)
出航日の124日前まで 無料
出航日の123~94日前まで USD250.00
出航日の93~79日前まで 乗船料金の25%
出航日の78~64日前まで 乗船料金の50%
出航日の63~34日前まで 乗船料金の75%
出航日の33日前以降 乗船料金の100%
14泊以内のクルーズ(オーシャニア・オーナーズ・ビスタスイート)
出航日の124日前まで 無料
出航日の123~94日前まで 乗船料金の10%
出航日の93~79日前まで 乗船料金の25%
出航日の78~64日前まで 乗船料金の50%
出航日の63~34日前まで 乗船料金の75%
出航日の33日前以降 乗船料金の100%
15泊以上のクルーズ(一般客室~ペントハウススイート)
出航日の184日前まで 無料
出航日の183日前~154日前まで USD250.00
出航日の153日前~124日前まで 乗船料金の25%
出航日の123日前~94日前まで 乗船料金の50%
出航日の93日前~64日前まで 乗船料金の75%
出航日の63日前以降 乗船料金の100%
15泊以上のクルーズ(オーシャニア・オーナーズ・ビスタスイート)
出航日の184日前まで 無料
出航日の183日前~154日前まで 乗船料金の10%
出航日の153日前~124日前まで 乗船料金の25%
出航日の123日前~94日前まで 乗船料金の50%
出航日の93日前~64日前まで 乗船料金の75%
出航日の63日前以降 乗船料金の100%

※船会社、現地等の事情により予告なしに変更になる場合がございます。予めご了承ください。

パスポート・ビザ < 日本国籍の方の情報 >

●パスポート:クルーズ終了時点で6か月以上の残存有効期間が必要
●ビザ(査証):ロシア入国には、査証の取得が必要です。但し、船会社主催の寄港地観光ツアーにご参加される際は、査証の取得は不要です。

妊娠中の方、乳幼児、未成年者、車いすご利用の方、特別な治療・介助が必要なお客様

  • クルーズ終了時に妊娠24週未満の妊婦の方の乗船には、安全のため事前の申請が必要です。
  • 出港日において6ヶ月未満の乳児、クルーズ終了時までに妊娠第24週に入るお客様のご乗船はできません。
  • 船内へベビーカーを持ち込まれる場合、事前の申請が必要です。ご予約時にお申し付けください。
  • 日本発着クルーズは、お部屋毎に20歳以上のお客様のご予約が必要です。海外発着クルーズは、お部屋毎に18~21歳以上お客様のご予約が必要です。未成年者のみでお部屋をご利用いただくことはできません。
  • 車いすをお持込の方、注射器(エピペンを含む)や医療機器のお持込が必要な場合、事前に船会社へ書面での申請が必要です。
  • 船内では、車いすのお貸出しはございません。
  • 特別な治療・介助が必要なお客様は、事前にお申し出ください。症状により、英文診断書が必要な場合がございます。必要な書面にご記入をいただいたうえで船会社に申請をいたします。結果、ご乗船いただけない場合もございます。予めご了承ください。

その他注意事項

  • 各種特典は予告なく変更される場合があります。乗船時の情報が最終となりますので、船内にてご確認ください。 なお、サービス内容の変更に伴う旅行代金の返金・補償はいたしかねます。
  • 天候、海象状況により、日程は変更になる場合があります。詳しい旅行条件を説明した書面を用意しておりますので、事前にご確認の上、お申し込みください。旅行業約款、並びに旅行条件書は、こちらをご覧ください(PDF)
  • クルーズ旅行をお取り消しになる場合、取消料をカバーする保険(旅行変更費用保障特約/クルーズ旅行取消費用担保特約)がありますので、クルーズ旅行の申込みと一緒にこの保険をお申込みいただきますようお勧めいたします。
  • ご乗船いただけない場合や、(英文)診断書の提出、同意書等へのご署名が必要な場合がございます。お申込み前に必ずご相談ください。
  • 各寄港地では、別料金のオプショナルツアーを発表する予定です。
  • 船のスケジュール及び寄港地での観光は安全面を最優先に考慮し、天候、海象及び現地諸事情により、船長判断によって予告なしに変更される場合がございます。寄港地変更、抜港、寄港時間の短縮などによる旅行代金の一切の払い戻しはございません。
  • 海外発着クルーズのオプショナルツアーのご案内は英語にてご用意をさせていただきます。日本語への翻訳をご希望の際は有料サービスとなります(料金につきましてはお問合せください)。
  • このサイトに掲載の寄港地、船の写真はすべてイメージです。

パンフレット・寄港地観光・乗船案内

おすすめクルーズ

出発日
クルーズ期間
海域
出港地
客船会社
客船ランク
日本語コーディネーター

閉じる