寄港地:バーレーン(バーレーン)

寄港地「バーレーン(バーレーン)」のご紹介

※地図内のピンは、市内中心部付近に立てています。クルーズシップ発着港の位置ではありません。

バーレーン(バーレーン)

バーレーン(バーレーン)

Bahrain has a history that dates back to 2300 BC, when the ancient city of Dilmun served as a major trading post between Mesopotamia and India. Remnants of this ancient culture can be found at an archaeological dig near Bahrain Fort (Qal'at al-Bahrain), one of the country's two UNESCO World Heritage Sites. Other draws include the Bahrain International Circuit, a major Formula 1 track that's the site of the Bahrain Grand Prix and the UNESCO site at Muharraq.

バーレーンの歴史は紀元前2300年にまで遡り、古代都市ディルムンがメソポタミアとインドを結ぶ主要な交易拠点となっていた時代に遡る。この古代文化の名残は、バーレーンの2つのユネスコ世界遺産の1つであるバーレーン・フォート(カルアット・アル・バーレーン)近くの考古学的発掘で見ることができます。その他の見どころとしては、バーレーン・インターナショナル・サーキット、バーレーン・グランプリの会場となっている主要なF1サーキット、ユネスコのムハラク遺跡などがあります。

「バーレーン(バーレーン)」に寄港するクルーズ

出発日
クルーズ期間
海域
出港地
客船会社
客船ランク
日本語コーディネーター

閉じる