ホーランド・アメリカ・ライン

ホーランド・アメリカ・ライン

ホーランド・アメリカ・ライン

1873年に、アメリカとヨーロッパを結ぶ海運会社として設立された長い歴史を誇る船会社です。歴史と伝統への拘りは、古き良き遠洋航海時代の客船を彷彿とさせる、白と濃紺に塗り分けらた船体からも感じることが出来ます。内側以外の客室には、バスタブ(一部バスタブが付かない船もございます)が付いており、日本人にはうれしいところ。船内には生花が活けられており優美な船旅をお楽しみいただけます。サービスの質を維持するため、10万トン以上の客船を建造しない方針を打ち出している点も好感が持てます。全ての船名の語尾に「ダム」が付き、欧米では別名「ダムシップ」とも呼ばれています。

クルーズカレンダー

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27

cruise

  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
       

ホーランド・アメリカ・ライン:プレミアム

ノールダム

「ノールダム」はオランダ語で北を意味する言葉です。クルーズシップは10万トン以下、乗客数は2千名以下に制限をし、サービスのレベルを保つホーランドアメリカの考え方を体現しています。船内は、1842年のユトレヒト市…

ユーロダム

ホーランド・アメリカの創業135年目にあたる2008年に誕生したクルーズシップです。船内は「古き良きオランダ」をテーマ都市、オランダ人作家の17世紀の水彩画をモチーフとした作品が飾られてます。チーク材を多用した…

ニュースタテンダム

歴史ある同社の中で6代目「スタテンダム」となる本船「ニュースタテンダム」。伝統的なオーシャンライナーのボールルームの雰囲気を持つ「クイーンズルーム」等、伝統とモダンを融合させたオシャレな船内が魅力のニュー・スタ…

ニューアムステルダム

オランダ植民地時代、ニューヨークは「ニューアムステルダム」と呼ばれていました。4代目「ニューアムステルダム」となる本船は、当時を彷彿とさせる、チーク材を多用したクラシカルな内装や、華やかな美術品の数々が特徴です…

コーニングスダム

「コーニング」はオランダ語で「国王」を意味します。船内は、これまでのホーランドアメリカの船団と比較すると、スタイリッシュでモダンな明るい雰囲気で登場をしました。270度の大画面で迫力ある映像を楽しめる「ワールド…

ザイデルダム

ザイデルダムは、「東」の方位を意味するクルーズシップです。船内には、様々な美術品のコレクションが飾られており、船内の美術品を見て回るのも、ザイデルダム乗船中の楽しみとなることでしょう。バルコニーキャビン(客室)…

オーステルダム

オーステルダムは、「南」を意味するクルーズシップです。乗客定員を少なめに設定し、ゆったりとした船内スペースを確保している点がポイント。海が見渡せる10層吹き抜けのエレベーターは、海側と船内両側を見渡せ迫力満点で…

ウエステルダム

ウエステルダムは、「西」の方位を意味するクルーズシップです。ウエステルダムのアートテーマは「新大陸におけるオランダの遺産」、船内には、後のニューヨークを発見した東インド会社の帆船「ハーフ・ムーン号」などの歴史的…

出発日
クルーズ期間
海域
出港地
客船会社
客船ランク
日本語コーディネーター

閉じる