guntû(ガンツウ)

せとうちクルーズ

guntû(ガンツウ)

guntû(ガンツウ)のご紹介

クルーズシップのご紹介

せとうちの海に浮かぶ、ちいさな宿。

「ガンツウ」は、瀬戸内海でとれる小さなイシガニの備後地方の方言です。
お乗りいただくお客さまにも地元の人々にも、その小さなカニのように永く愛される存在となるように、そして瀬戸内の伝統、文化、自然を豊かな滋味として味わってもらえるようにという想いを込められています。

建築家・堀部安嗣氏のデザインによる太陽や海の色を映し出すシルバー色の船体の中には、わずか19室の全室テラス付きの客室のほか、「お好きなものを、お好きなだけ」をコンセプトとするダイニング、海の見える鮨カウンター、目の前で和菓子をおつくりするラウンジ、檜の浴槽とサウナのある浴場など、思いのままにお過ごしいただける空間が広がっています。

季節ごとに移ろいゆく瀬戸内海の風景と一体になり、「ただ、過ぎゆく時を愉しむ」、そんな穏やかでのんびりとした旅をお楽しみください。

この客船のクルーズを見る

guntû(ガンツウ)の特徴

guntû(ガンツウ)
オープンデッキ:瀬戸大橋や音戸の瀬戸を通り抜ける時や、錨を下ろして錨泊中の日の出の瞬間や月夜など、オープンデッキに出ると、せとうちの風景を楽しめます。早朝に体のメンテナンスのため、ヨガや太極拳をおこなったりもできます。
guntû(ガンツウ)
オープンデッキ:ゆったりとおくつろぎいただくよう、木材を多用したオープンデッキでは、瀬戸内海の穏やかな海と海風を浴びながらのクルーズをお楽しみください。
guntû(ガンツウ)
スパエリア:ドライサウナとスチームサウナ付きの浴場(日替わり)、イタリアTechnogym®のマシーンを完備したジム、湯上がり処、彫刻リンパと整体のトリートメントルームがございます。
guntû(ガンツウ)
ショップ:瀬戸内エリアで活躍する作家とのコラボレーションで誕生したオリジナル の商品を中心に取り揃えており、船内備品も一部購入可能です。
guntû(ガンツウ)
縁側:客船には珍しい縁側。浴衣をはおり、縁側の檜の背もたれに寄りかかり、点在する島々や過行く船の景色に浸りながら、日本らしい時間をお過ごしいただけます。昼は季節の甘味を食べたり、お昼寝をしたり、夜は月を眺めながら、晩酌と、過ぎゆく時をお楽しみいただけます。
guntû(ガンツウ)
和食:和食の監修を務めるのは、東京「重よし」の佐藤憲三氏。シンプルで洗練された重よしの料理を基本とし、一期一会の食材が持つ、一瞬の味わい、素朴さ、美しさを、丁寧に調理し、お客さま一人ひとりのお好みにあわせた献立をおつくりいたします。
guntû(ガンツウ)
洋食:食材の選び方や調理法の基本は和食と同じく、「素」を大切にシンプルかつ丁寧にお作りするのが、ガンツウの洋食です。丁寧に出汁をとって作り上げるオリジナルのカレー、ガンツウの旨味が詰まったカニクリームコロッケなどどこか懐かしい定番のメニューをご用意しております。
guntû(ガンツウ)
ダイニング:「お好きなものを、お好きなだけ」がお食事の基本。四季折々の素材の良 さを最大限に活かすという、監修元の精神を引き継いだ瀬戸内ならでは の食事やドリンクメニューをご提供いたします。
guntû(ガンツウ)
鮨:メインダイニングの奥には、海を眺められるわずか6席の鮨カウンター。地元の海でとれた旬の魚介を中心に、「淡路島 亙(のぶ)」の坂本亙生氏監修のせとうちならではの鮨が並びます。とれる海域や季節によって異なる白身魚の、繊細さ、奥深さをご堪能ください。
guntû(ガンツウ)
カフェ&バー:切妻屋根にフレーミングされた船首側の景色を臨む、8席のみのU字のバーカウンター。スペシャリティコーヒーや柑橘のフレッシュジュース、瀬戸内海の島々をイメージしたオリジナルのカクテルなどを飲みながら、読書や会話をゆっくりとお楽しみください。
guntû(ガンツウ)
ラウンジ:船尾に設けられたラウンジでは、奈良「樫舎」喜多誠一郎氏監修の和菓子をお客様の目の前で丁寧にお作りいたします。また、和菓子にあわせて、煎茶、抹茶、珈琲を提供いたします。せとうちの文化などの本や写真集もご用意しておりますので、ライブラリーとしてもご利用いただけます。
guntû(ガンツウ)
テラススイート (50㎡):木の温もりを感じられる、ソファルームを設えた客室。海を間近に感じ ながら、読書をしたり、お茶を飲んだり、思い思いの時間をお過ごしいた だけます。ガラス張りのバスルームには、海側に浴槽を配しているため、 天候や時間帯に関係なく、海と一体となる感覚でバスタイムをお楽しみ いただけます。
guntû(ガンツウ)
テラススイート 露天風呂付き (50㎡):真っすぐに 水平線を望むソファを設え、テラスには露天風呂をご用意。外にありな がらも、室内にいるような感覚でお寛ぎいただける檜のお風呂です。窓 のすぐ側にベッドを配しているため、身体をゆっくりと休めながら、海を 間近に感じていただけます。
guntû(ガンツウ)
グランドスイート (80㎡):テラスの両サイドには露天 風呂やデイベットを設えており、様々なシチュエーションで流れゆく風景 をご覧いただけます。客室全面に設えた窓からは、柔らかな光が部屋 全体を包み込み、客室のどこに居ても、縁側で寛いでいるような気分で 過ごせる、清々しい空間です。
guntû(ガンツウ)
ザ ガンツウスイート (90㎡):進行方向の景色を約180度一望できる、最も広い スペースを有する客室です。前方から両サイドに流れる、ガンツウの唯一の景色 は、露天風呂やベッドで寛ぎながらお楽しみただけます。約4.5平米の クロ―ゼットのほか、バスルームに2つのシンクを兼ね備えているのも 特徴。長期の滞在にも相応しい、ゆったりと寛げるお部屋です。

guntû(ガンツウ)のスペック

総トン数
3,013トン
全長
81m
全幅
14m
船籍
日本
就航
2017年
乗客定員
38名

guntû(ガンツウ)のクルーズカレンダー

  • 2021年09月
  • 2021年10月

  • 2021年11月
  • 2021年12月

  • 2022年01月

  • 2022年02月

  • 2022年03月

  • 2022年04月

  • 2022年05月

  • 2022年06月

  • 2022年07月

  • 2022年08月

     
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

cruise

   

guntû(ガンツウ)のクルーズ一覧

《添乗員同行》ガンツウ 【羽田空港発/東京駅着】備讃瀬戸に浮かぶ塩飽諸島の本島、広島せとうちの潮流と風景を楽しむガンツウの船旅 4日間
  • 2021年9月30日 出発 / 4日間
  • 羽田空港発 / 東京駅着
  • guntû(ガンツウ)

《添乗員同行》ガンツウ 【羽田空港発/東京駅着】備讃瀬戸に浮かぶ塩飽諸島の本島、広島せとうちの潮流と風景を楽しむガンツウの船旅 4日間

798,000円~1,480,000円

チャーター船を利用して古くから海上交通の要所として栄えた塩飽諸島へ。 秀吉や家康など天下人に重用され自治を許されていた本島、 塩飽諸島最大の島で青木石の産地として有名な広島を訪ねます。 ガンツウでは、 刻一刻と…

《添乗員同行》ガンツウ 【羽田空港発/東京駅着】小豆島 懐かしい時が流れる粟島と真鍋島  瀬戸内の情景を巡るガンツウの船旅 4日間
  • 2021年11月10日 出発 / 4日間
  • 羽田空港発 / 東京駅着
  • guntû(ガンツウ)

《添乗員同行》ガンツウ 【羽田空港発/東京駅着】小豆島 懐かしい時が流れる粟島と真鍋島 瀬戸内の情景を巡るガンツウの船旅 4日間

798,000円~1,480,000円

瀬戸内海で2番目に大きい小豆島へ。 紅葉に彩られた寒霞渓や、 映画「二十四の瞳」 の舞台を訪ねます。 小豆島でご宿泊の翌日はチャーター船で粟島と真鍋島にご案内いたします。 粟島では、かつての日本最古の海員養成学…

資料請求

出発日
クルーズ期間
海域
出港地
客船会社
客船ランク
日本語コーディネーター

閉じる